PRESS RELEASE

プレスリリース

2019.11.06

プレスリリース

6つの商業施設、約550店舗へキャッシュレス決済を推進
東急モールズデベロップメントへ高セキュリティなマルチ決済端末  
「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」導入

※株式会社ロイヤルゲートとの共同プレスリリース 大和ハウスグループの株式会社ロイヤルゲート(本社:東京都港区、社長:関野 博一、以下「ロイヤルゲート」)は、2019年11月6日から、オールインワンマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」を、株式会社東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区、社長:秋山 浄司)が運営する商業施設へ順次導入します。 ■ 東急モールズデベロップメントのキャッシュレスへの取組み 東急モールズデベロップメントでは、キャッシュレス決済の需要が伸びる中、決済種別の増加に対応することにより「キャッシュレス・ファースト」なお客さまへの販売機会の損失を防ぐとともに、QRコード決済※1などで貯めたポイントをお客さまが利用できるお買い物の場を提供することで、顧客満足度向上を目指します。 また、多種多様な決済を導入する一方で、決済端末オペレーションを統一することで、テナント企業さまの利便性向上にも貢献します。「青葉台東急スクエア」を皮切りに2020年3月までに6施設、合計約550店舗への導入を推進し、今後、他施設へも順次導入予定です。

ニュースリリース アーカイブ