PRESS RELEASE

プレスリリース

2020.02.04

プレスリリース

「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」
『ゼロ・ウェイスト』の気づき~ごみ自体を出さない未来を考える~

商業施設 x 3Rをリードする企業 x 大学生による産学連携プロジェクト
コラボレーションイベント「me x rise 2020(未来図2020)」を開催
2020年3月20、21、22日の3日間 二子玉川ライズ・ショッピングセンターにて

株式会社東急モールズデベロップメント(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山浄司)は、当社が運営する商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」(以下、二子玉川ライズ S.C.)にて、「『ゼロ・ウェイスト』の気づき~ごみ自体を出さない未来を考える~」をテーマに、コラボレーションイベント「me x rise 2020(未来図2020)」を2020年3月20日(金・祝)からの3日間限定で開催します。本イベントは、日本で初めて『ゼロ・ウェイスト』を宣言した徳島県上勝町を本拠地とし、3R(リデュース、リユース、リサイクル)をリードする企業「RISE & WIN Brewing Co.(ライズアンドウィン ブルーイングカンパニー)」(以下、RISE & WIN)と、産業能率大学 経営学部 高原純一教授が指導するゼミの学生(以下、産業能率大学 高原ゼミ)との産学連携プロジェクトです。 モノがあふれ気軽に買い物ができる一方、大量のごみや廃棄物が発生し、環境問題が深刻化。環境問題に対する社会機運が高まる中、モノを売る場を提供する商業施設では「ごみを減らす・出さない」ためには、各テナントに頼らざるを得ない傾向にあります。本イベントは、「ごみを出さない未来を考え、『ゼロ・ウェイスト』に関心を持つきっかけ」の創出を目的として実施します。1日約8万人が来館し、3,000人以上のスタッフが働く二子玉川ライズ S.C.で開催することで、二子玉川ライズ S.C.と繋がるさまざまな方々への訴求を目指します。 SDGs(持続可能な開発目標)における「12 つくる責任 つかう責任」の目標に対し、多くの人が集まり、街の拠点とも言える商業施設から、三位一体となり、本イベントを通じて「つかう責任」についての“気づき”を促します。 このたびのイベント「me x rise 2020(未来図2020)」は、「ごみを出さない」前提で計画。3Rをリードするクラフトビール醸造会社 RISE&WINと、産業能率大学 高原ゼミと連携する、ユニークでサステイナブルな取り組みはPDFをご覧ください。

ニュースリリース アーカイブ