変化を恐れず、挑戦し、
明日のショッピングセンターを
つくっていく。

山下 尚也

TAKAYA YAMASHITA

2018年 中途入社
事業本部 SC事業部 PM推進部 アシスタントマネジャー

経験を生かして、「入り口」から流れを生み出す。

現在は、東急線沿線の駅構内や駅隣接の商業施設「エトモ」と、「トレインチ自由が丘」、武蔵小杉駅の高架下にある店舗を担当しています。契約業務や販売促進、MD(営業)、リーシング関連など非常に幅広い業務にあたっています。東急モールズデベロップメント(以下、TMD)に入社する前は、同業他社で駅構内の商業施設運営に携わっており、その後一度業界を離れ、航空系企業で働いていました。まったく違う業界ではありますが、共通する部分もあると思っていて、それは駅や空港という「入り口」であることです。どうしたらお客さまが来てくれるだろう、自分たちのブランドを選んでくれるだろうと考え、「入り口」を盛り上げて流れを生み出すことで、その先の街や都市の活性化につながる。その「入り口」となるのが駅という“国内”だけではなく、“海外”へ目を向けたらどうなるだろう、という思いで日本の玄関口である空港に携わる仕事も経験しました。

“まちづくり”の視点を持ったSC運営。それがTMDの魅力。

一度海外に目を向けたことで、改めて日本の良さが見えてきました。地域に寄り添い、きめ細やかなサービスを提供するのは日本ならではであり、さまざまなサービスを提供するSC事業でもう一度仕事をしたいと考えるようになりました。そのなかでもTMDを選んだのは、より“まちづくり”の視点を持てることに魅力を感じたからです。東急線沿線の駅という「入り口」と街をつなぐショッピングセンターという施設を通して、街に流れをつくりだし、街を活性化させることが、当社ではまさに実現できていると思います。今までの経験を生かせる、特に駅と連動性の高い施設を担当するPM推進部という部署へ配属となったのは幸運でした。社会人になってすぐのころに毎日向き合っていた、駅の商業施設ならではの制約や、逆に駅だからこそできることなどの知見は、十分に今も生かせていると感じています。

挑戦できる環境が“やりがい”を生み出す。

現在担当している「エトモ」は駅構内という特性があり、お客さまが「そういえば欲しいものがあったな」とふと立ち寄ってもらえるような店舗構成が求められます。そういった、強い目的を持たないお客さまに対しパッと目を引き、いかに引き込む施設づくりができるかに、難しさと同時にやりがいを感じています。TMDで働く魅力といえば、挑戦したいと思い考えたことを実現させてもらえる風土があることです。たとえば売り上げアップのためのアイデアを提案すると、まず「NO」からは始まらない。なぜやりたいのか、その結果どういうことが予想されるのかをきちんと伝えることができれば、「やってみよう」となる。それがたとえ失敗に終わったとしても、原因を検証して次に生かすアドバイスをもらえる。私自身がずっと机にかじりついてデスクワークをしているより、どんどん変化を求めて動いていたいこともあり、挑戦したい気持ちに対して信じてGO を出してもらえるとモチベーションも上がりますし、「じゃあ、次はどうするか」と考え行動する原動力になっています。挑戦することや変化を恐れない人、今自分が取り組んでいることを冷静に判断することができる人は、TMDで活躍できると思います。そしてなにより、社内コミュニケーションが非常にとりやすい。雑談の延長のように気軽に話しながらも、仕事において建設的な話もできるところはとても仕事がやりやすく、純粋に楽しいです。

想定外の苦戦から実感した仕事の奥深さと面白さ。

SCを運営していくなかで、ご出店者さまの退店は残念ながら起こることがありますが、その空いた区画に次はどのような店舗を入れるか、駅の特性や周辺住民の方々が求めている機能をテナント企画部のリーシング部隊と話し合いながら決めていきます。以前、ある駅の施設で、ご出店者さまの戦略的な問題や面積、区画などのマッチングがなかなかうまくいかず、次の出店店舗が決まるまでに長期間を要したことがありました。退店されたのが書店だったため、当初は別の書店を検討したもののすでに周辺に複数あり、バッティングしない業態ということで飲食関連なども検討しましたが、施設の条件的に難しく、想像以上に苦戦しました。さまざまな業態を検討していく中で、チームで原点に振り返り、街に暮らす方々のニーズと施設の特性を考え直し、結果的に地域のニーズに合った店舗を誘致することができました。駅直結で、行き交う人も多く、比較的容易に次が決まると思っていたなかでの苦戦を経験しましたが、ご出店者さまと地域に暮らす方々の想いを考えたことで誘致に成功し、この仕事の奥深さと面白さを改めて実感しました。

常に変わり続けなければ。自分自身も、SCも。

今後の自身のキャリアプランとして、現在の部署がとても幅広い業務を行っているので、その経験を生かし、一つの業務により深く携わる仕事も経験してみたいと考えています。MD(営業)、契約、販売促進などの業務から得られた視点を生かし、本社部門でSCの新しいかたちの基盤をつくる仕事にも携わってみたいです。私自身、仕事をするうえで「常に変わり続ける」「自分が行っていることを俯瞰してみる」ことを大切にしています。SCも変化していくことが求められており、変わらなければならないと思っています。海外の商業施設を見ても、やはりものを売るだけという考え方ではどんどん立ち行かなくなっていて、変わっていこうという流れが実際にあります。当社でも「NEXT」という言葉がキーワードになっていて、みんな危機感を持っていると思いますし、その思いを持つことは大切だと感じています。新しいSCのあり方=「NEXT」が何かをチームで考えていき、それをTMDで実現していきたいです。

変化し続けた先に未来のSCの姿がある。

具体的にはどんなことが「新しいSC」と呼べるかはまだ見えていませんが、いろいろ考えています。やはりこれからのSCは物を売る以外のことでも収益を上げていかなければならないということです。一方で、SCは街づくりの一環でもあるので、街の魅力を上げるために何ができるのか、何をすべきかを考えていく必要があります。すでに地域の不特定多数のお客さまを受け入れるという機能は備わっていますし、その機能を最大限生かして、お客さまに対して買い物以外の目的も提供していくことが可能だと思います。SCに行くことで楽しめるようなエンターテインメント性をもっと追求していき、家では味わえないアクティビティや、社交の場など体験価値を提供する。そうした価値を提供することでSCに人が集まり、結果的に消費行動につながる。そして、街の魅力アップにもつながっていくと思います。時代のニーズに合わせ、SCを変化させ続けることが、必ず街の活性化につながる流れを生み出すと思うので、「新しいSC」が何かを今後も追及していきたいと思います。

2020年8月現在