静岡東急スクエア、静岡県内最大級の屋外大型LEDビジョン誕生

2018年11月21日

株式会社 東急モールズデベロップメント

 

静岡市街地の商業施設「静岡東急スクエア」

静岡県内最大級の屋外大型LEDビジョン誕生

2018年12月1日(土)から

 

株式会社 東急モールズデベロップメント(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋山浄司)が運営する静岡市街地の商業施設「静岡東急スクエア」では、県内最大級となる315インチ(W4,800mm×H6,400mm)の大型LEDビジョン(名称:東急スクエア/ICAビジョン)を当館メインエントランス上部壁面に設置し、2018年12月1日(土)から放映開始します。

 

大型LEDビジョンは静岡市街地で最多の通行量を誇るスクランブル交差点に面し、同市街地におけるさらなる情報発信力の強化および新たなランドマークとしての機能を創出します。主に企業CMなどが中心に放映されます。

 

また、放映開始当日となる12月1日(土)は、当館メインエントランスにて10時から除幕式として関係者によるテープカットを実施。さらに、13時30分から地元高校生による吹奏楽演奏およびダンスチームによるステージを開催します。

 

詳細は下記PDFをご覧ください。

 news-btn-pdf