109MACHIDA、屋号を「レミィ町田」へ変更

2018年3月1日

 

商業施設「109MACHIDA」

屋号を「レミィ町田」へ変更

2018年4月1日(日)より

 

株式会社 東急モールズデベロップメント(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀江正博)は、2018年4月1日より、当社が運営・管理する商業施設「109MACHIDA」の屋号を「レミィ町田」へ変更します。

 

「109MACHIDA」は2002年に開業して以来、約15年間、最新のトレンドファッションや雑貨、ビューティー店舗を取り揃え、魅力溢れるサービスを提案し続け、地域の皆さまに親しまれてきました。このたび、「レミィ町田」として生まれ変わることで、町田エリアを訪れる幅広い層のお客さまのニーズにより一層応え、「自分磨き」や「リフレッシュ」「リラックス」できる場としても利用いただけるよう、多様なライフスタイルを提案していきます。また、若い世代のニーズに応え、トレンドファッションや雑貨も引き続き提供します。

 

屋号の「レミィ(remy)」は、英語の「refresh:リフレッシュ」「reset:リセット」「relax:リラックス」などの“再び”“繰り返し”を意味する「re」と、「my:私の」を掛け合わせた造語で、日常の中で繰り返し使える利便性と、新鮮な心地よさをお客さまへお届けすることをコンセプトにしています。

 

詳細はPDFをご覧ください。

 news-btn-pdf