『静岡東急スクエア』本日、来館者数が静岡市の人口相当数の70万人を突破

2018年1月22日

株式会社 東急モールズデベロップメント

 

静岡東急スクエア

本日、来館者数が静岡市の人口相当数の70万人を突破

~ 70万人突破を記念して、1月23日よりお得なキャンペーンを実施 ~

 

株式会社 東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区、社長:堀江正博)は、本日、当社が運営・管理する商業施設「静岡東急スクエア(所在地:静岡市葵区伝馬町)」の来館者数が静岡市の人口[1]相当数である70万人を突破したことを発表します。

「静岡東急スクエア」は2017年11月9日のグランドオープン以来、多くのお客さまにご来館いただいており、来館者数70万人突破を記念し、セレモニーを開催しました。記念すべく70万人目のお客さまとなったのは、静岡県静岡市在住の母娘で、セレモニーでは当館総支配人 大郷洋一(だいごう・よういち)より東急グループ商品券(3万円相当)と、テナント賞として「フライング タイガー コペンハーゲン」ならびに「アズール バイ マウジー」よりそれぞれセレクト商品が贈呈されました。

さらに、静岡東急スクエアでは、明日1月23日(火)より2月4日(日)までの期間限定で、「ご来館者70万人突破記念キャンペーン」を実施します。また、1月27日(土)、28日(日)の2日間、合計700名様(各日350名様)限定で、静岡東急スクエア内でご利用可能な3,000円分の商品券を2,000円(消費税込み)で特別販売します。詳細は、別紙をご覧ください。

 

■    70万人目のお客さま、林あゆみ(はやし・あゆみ)さんのコメント

「今日はたまたま母とお買い物に来て、まさか自分たちが70万人目の来館者になるとは思っていませんでしたので驚いています。静岡東急スクエアには、母は衣料品を、私と小学6年生の娘はフライング タイガー コペンハーゲンが大好きなこともあって、それを目当てで開業から何度かお買い物に来ています。以前の静岡109にも何度か来たことはあり、当時は若い人が多く、館内も独特の雰囲気で入りにくい印象でしたが、静岡東急スクエアになって、照明も明るく広々していて入りやすくなりました。以前は無かった飲食店ができたことも嬉しいですね。これからも家族で利用させていただきたいと思います。」

 

■    静岡東急スクエア 総支配人 大郷洋一のコメント

「昨年11月9日にグランドオープン以来、多くのお客さまにご来館いただき、当初予定していたより早い、75日目で来館者数が静岡市の人口相当数の70万人を突破しましたこと大変嬉しく思います。静岡東急スクエアは、誰もが気軽に入りやすいライフスタイル提案型ショッピングセンターとして生まれ変わり、再出発し、若い世代からご年配まで、幅広い世代のお客さまにお越しいただき、レジ通過客数が前年増となるなど順調に推移しています。引き続き、一人でも多くのお客さまにお越しいただき、当館だけでなく静岡市中心街の更なる活性化に寄与できるよう、スタッフ一同、全力で邁進してまいります。」

 

[1] 静岡市の人口総数 698,535人(2018年1月10日公表時、静岡市ホームページより)

 

詳細はPDFをご覧ください。

 news-btn-pdf